NORD DRIVESYSTEMSグループの

企業方針と行動規範

行動規範のダウンロード

当社の行動規範の意味において、私たちは、経済的、技術的視点、また社会的および環境保全的視点から企業の意志決定および行動の結果を考慮し、適切な利益の調整をもたらすことによって責任を引き受けます。

さらに、私たちは、世界中で働く従業員、お客様、サプライヤー、その他のパートナーに対する社会的責任も引き受けます。当社の企業方針(ドイツ語版および英語版)をここでダウンロードできます。

PDFのダウンロード

1. ミッションステートメントおよび価値

顧客指向 - 顧客指向は当社の原動力です

お客様の満足と成功が、当社の考え方と行動の中心にあります。私たちの仕事は、お客様の要求に応えることです。技術的パートナーシップに至るまでの長期的な顧客ロイヤルティは、当社のもっとも重要な企業目標です。

技術革新 - 技術革新と技術的リーダーシップは、当社の明確な目標です。

NORD DRIVESYSTEMSは、駆動技術における世界有数のシステムサプライヤーです。インバータからドライブシャフトまで: 当社は、ギヤユニット、電気モータ、駆動エレクトロニクス、およびそれらに付属するすべてのサービスをワンソースから提供しています。イノベーションマネジメントの一環として、私たちは、将来の市場要求および新しい生産技術を継続的に分析しています。私たちは、技術的標準を打ち立て、お客様の最適な利益のためにモジュール原理に基づいて継続的に新製品を開発しています。量産サプライヤーとして、私たちは、柔軟なシステムソリューションを適正なコストパフォーマンスで提供します。

グローバル - 私たちは、お客様にとって強力なグローバルパートナーです。

36カ国において、それぞれの国の言語で、NORD DRIVESYSTEMSグループの各支社と、迅速、簡単、確実に共同作業を行うことができます。当社は、独自の生産、販売、サービス会社を擁し、全5大陸において事業活動を展開しており、設計から運転開始に至るまで、専門的で集中的なサポートを全世界のお客様に提供しています。成長目標を達成するため、私たちは、グローバルな企業構造を継続的かつ持続可能な形で拡大しています。

信頼性 - 最高品質へのこだわり

当社は、最高の品質と高い信頼性の製品およびサービスを開発・生産します。当社の製品は、そのほとんどが、技術的要件の高い100を超える業界で使用されています。従って、生産現場のみならず、バリューチェーン全体において、全世界で最大の品質基準を達成することは、私たちにとって当然のことなのです。グローバルな品質管理システムと統一された生産基準によって、製品の高い作動安全性と低いメンテナンス費用が確保されます。当社のリーン生産方式NORDProにおけるあらゆるレベルでの継続的な改善は、お客様のベストパートナーになることを目指して、世界の全拠点でしっかりと確立しています。私たちは、製品およびプロセスの不良品ゼロ戦略を追求しています。

従業員指向 - 従業員は成功のための基礎

私たちは、意欲に溢れ、力強い、高い専門知識を持ったグローバルなチームです。継続的なトレーニング、国際的な知識交換、そして会社に対する従業員の長期的なロイヤルティは特に重要です。私たちは、全世界のすべての従業員に対し、互いに尊重し合い、協調して行動することを促します。献身的で信頼できるプロフェッショナルな従業員がいてこそ、私たちは世界的に成功することができるのです。全従業員の保護と福祉のため、あらゆる分野において良好な労働条件と高い労働安全基準が確保されています。私たちは、全世界のすべてのNORD従業員が会社と自分たちの仕事に誇りを持っていることを希望します。

信頼性 - 高性能な製品とグローバルな高い配送能力を提供

私たちは、会社への長期的かつ持続的な投資を行っています。高い内製化と最新の生産技術により、お客様のご希望に柔軟かつ迅速に対応することができます。長期的に売上げを伸ばしていけるように、十分な生産能力を確保することは、当社の企業戦略の基本です。短期間かつ納期厳守の納品要求が高まっていることに対し、今後、全世界で対応できるようにするため、私たちは、当社のグローバルな物流チェーンの最適化に継続的に取り組んでいきます。

未来指向 - デジタル化をチャンスと捉える

製品のデジタル化により、お客様の技術革新と成功をサポートし、当社のオンラインプラットフォームを介して迅速かつ簡単に取引ができるようにしたいと考えています。さらに、必要に応じて、また可能な場合は、当社プロセスをデジタル構造に統合します。このとき、ITシステムおよびデータの安全性と信頼性が常に確保されていなければなりません。

持続可能/責任ある企業 - 環境に配慮し、責任感と誠実さをもって行動する

責任ある企業として、私たちは資源を節約し、自然を大切にします。私たちは、エネルギー効率に優れた駆動システムによってお客様をサポートしており、システムの開発段階ですでに潜在的な環境への影響を考慮しています。法規制、ガイドライン、自主的な倫理基準を遵守することは、NORD DRIVESYSTEMSグループにとって当然のことです。当社パートナーに対しては、公正、透明性、信頼性を重視します。

パートナーシップ - サプライヤーおよびサービスプロバイダーとのパートナーシップに基づく協力関係を築く

パートナーおよびサプライヤーとの信頼できる透明な協力関係により、安定した販売および購入プロセスを確保することが可能になります。私たちは、高い専門能力を持ち、費用効率の高いサプライヤーと協力していく必要があります。私たちは、集中的な情報交換と品質への共通の取り組みを通じて、パートナーが当社の高い品質基準を遵守することを保証します。

堅実 - 高い投資力を支える堅実かつ長期的な資金調達

会社の長期的な安定性を確保するため、私たちはコスト意識をもって行動し、常に堅実な業績向上を確実なものにします。そのためには、経営陣と全従業員の両者による責任ある金融資産の取扱いが必要です。技術革新と投資に恒久的に資金投入により、将来の安定した雇用を確保していくためには、継続的に利益を追求する必要があります。

2. 適用範囲

この企業方針は、NORD DRIVESYSTEMSのすべての支社および事業所に適用され、経営陣、すべての管理職および従業員に対して拘束力があります。これらの方針は、以下の分野に関する規則および規定事項を含み、言及した文書に対応しています。含まれる分野: ミッションステートメント、行動規範(サプライヤーを含むすべての関係者向け)、品質方針、環境方針、エネルギー方針、健康安全方針。

基本的に、本企業方針の適用範囲には、会社全体および付属の拠点が含まれ、さらに本方針は当社のサプライヤーに対する規定としても使用されます。私たちは、当社のサプライヤーが共通の価値、目標、マネジメントアプローチに従うことを期待しています。従って、同様に当社敷地内で働く契約パートナーもこの行動規範を遵守することが求められます。

承認されているマネジメントシステムは、部分的に適用領域が異なるものもあります。

  • 品質マネジメント: 16の拠点(2022年現在。さらに拡大予定)
  • 環境マネジメント: バルクテハイデ拠点(2022年現在。さらに拡大予定)
  • エネルギーマネジメント: ガーデブッシュ拠点のFTN(Nord製造技術)部門

3. グローバルマネジメントシステムの基本方針

私たちは、環境保護、資源の保全、品質、作業安全性を結びつけることが、当社の中心的責任であると見なしています。安全で健康を維持できる働きやすい労働環境、ならびに実践的な環境保護は、当社の存続と成功に貢献します。

3.1 継続的改善

マネジメントシステムは、プロセス指向で構成されています。これが目指すところは、企業の継続的発展、顧客要求の実現、企業の環境パフォーマンスの向上です。

3.2 規定および法律の遵守

私たちは、事業を展開している各国の有効な法律および法規定を遵守します。さらに、関連する国際規格ならびに顧客要求からなる規定事項も遵守します。現地の法律および規制が緩い場合、当社の行動は、本行動規範の基本方針に従います。強制的な現地の法律と、本行動規範に含まれる基本方針との間に直接的な矛盾が存在する場合は、現地の法律が優先されます。基本的に、当局および国家機関とは、客観的かつプロフェッショナルな態度で対応します。

3.3 目標設定および業績向上

経済的分野および品質以外に、環境保護、資源保全、作業安全性の分野でも具体的目標および計画を規定し、追求します。すべての管理職は、目標および計画の達成に貢献するよう奨励されます。

3.4 コミュニケーションおよび文書管理

適切なコミュニケーションにより、私たちはすべての関連する利害関係者を、経営の中心的側面に関与させます。特に、雇用者代表とは密接な意見交換を行います。さらに、マネジメントシステムの中心的構成要素に対する意識を高めるために、従業員向けの研修プログラムも提供します。品質、環境、作業安全性の各分野における業績を発展させるため、私たちは定期的にレポートを公開しています。

すべてのドキュメントおよび資料は忠実に作成され、不正に改竄されたり、破棄されたりすることなく、適切に保管されます。パートナーの企業秘密およびビジネス情報は慎重に扱われ、機密扱いとなります。ドキュメントの場合は、以下の4段階による明確なドキュメント管理に準じています。

  • レベル1 – 企業方針/経営マニュアル/戦略
  • レベル2 – プロセス記述書(グローバル)
  • レベル3 – プロセス記述書(ローカル)
  • レベル4 – プロセス関連情報(フォームシート、チェックリスト、ユーザー文書等)

4.人権

私たちは人権を推進することに尽力し、特に以下の国連人権憲章に従って人権を尊重します。

  • プライバシーの保護
  • 健康維持と作業安全性の確保、特に、事故や怪我を防止するための、安全で健康的な労働環境の確保このことは、一般に適用されている現地の法規定に準じます。
  • 体罰および身体的、性的、精神的または言葉によるハラスメントや虐待からの従業員の保護
  • 表現の自由および言論の自由に対する権利の保護および許可

5.労働環境

私たちは、国際労働機関(ILO)の以下の中核的労働基準を遵守します。

5.1 児童労働

児童労働(15歳未満の雇用)の禁止(現地の法規定がより高い年齢制限を設定していない場合)。

5.2 強制労働

あらゆる種類の強制労働の禁止は、当社のサプライチェーンにおいて特に重要です。

5.3 賃金の支払い

報酬に関する、特に、当社が事業を行っている国や地域の有効な法律および規定に基づく報酬水準に関する労働基準を最適限遵守します。報酬に関する規則は、地域の最低賃金によって補足され、私たちはすべての従業員に対して公正で差別のない報酬に留意します。

5.4 労働者の権利

私たちは、労働者の権利を尊重します。

5.5 差別の撤廃

全従業員に対し、差別なく待遇します。

5.6 集会の自由

結社の自由、集会の自由、ならびに団体交渉の自由に対する権利。

5.7 労働時間

私たちは、最大限許可されている労働時間に関する労働基準を遵守します。

6.労働安全衛生

当社の労働安全衛生管理の一環として、広範囲な予防的措置により、健康被害から従業員を保護します。私たちの努力目標は、従業員の安全と健康が損なわれない形で、組織及び施設を作ることです。そのために、従業員の危険や負荷の分析ならびに定期検診を実施します。ここでは、予防的措置が重要です。だれもが、確認された危険を指摘する義務と、潜在的危険を除去する権利を有しています。

7.環境

経済的かつ利益指向的発展と、環境保護およびエネルギー節約は相反するものではなく、共通の課題であると私たちは見なしています。従って、私たちは、できる限り環境保護に取り組み、環境負荷を防止します。

当社の環境管理システムでは、特に当社の事業活動の以下の視点を重点に置いています。

  • 特に塗装などの製造プロセスにおける水質汚染物質の削減および代用、または慎重な取扱い
  • 新製品および梱包材の資源効率に優れた製品設計
  • 物流プロセス、暖房技術の使用、電力調達または出張にける温室効果ガスの削減
  • 廃棄物、特に生産工程から出る有害な廃棄物の削減
  • 購入部品の製造方法およびそれらの配送の調整

環境プログラムの年次報告は、当社の環境マネジメントシステムの不可欠な構成要素であり、これには、特に当社の環境パフォーマンスを向上させるための環境目標の設定が含まれています。

新製品または製造方法の開発では、早期に、当社製品の製造時、使用時、また耐用年数の経過後における関連する環境への影響を考慮します。従って、私たちは持続可能性の視点に立って、全ライフサイクルにわたり開発プロセスを最適化し、例えば使用材料と製品寿命との間に生じる対立を意識的に考慮するようにしています。さらに製品開発でも、お客様が当社製品をご使用になることで、エネルギーおよびその他の資源の消費量削減への貢献ができるように考慮します。

製造プロセスおよび物流プロセスにおいて、私たちは可能な限り排出物や廃棄物を最小限に抑え、エネルギー、水、床面積、その他の資源の消費量を最小化します。当社のマネジメントシステムの一環として、私たちは資源の消費量や排出量(騒音および大気汚染など)を定期的に監視し、具体的な動向について報告します。

8.品質

私たちの目標は、当社の製品およびプロセスに対する品質要件にいつでも確実に対応できるようにすることです。そのために、私たちは、当社組織の全部門を包括するマネジメントシステムを用いています。

以下は、当社の日々の行動を定めた基本方針です。

  • 顧客指向
  • 不良品ゼロ戦略/継続的改善プロセス (NORDPro)
  • プロセス指向
  • 製品安全性

私たちは、バリューチェーン全体にわたる品質管理を個々の従業員の行動の不可欠な構成要素とする企業文化を形成します。

9.サプライチェーンと紛争鉱物

当社の包括的なサプライチェーンマネジメントの一環として、私たちは、当社の人権責任に関する注意義務(デューディリジェンス)を履行するため、定期的にサプライチェーンのリスク分析を実施します。

さらに、私たちは、当社のサプライヤーがこの行動規範、あるいは同等の行動規範の基本方針を遵守することも期待します。さらに、この企業方針の内容が、当社のサプライチェーンにおいても実施されることを支持します。従って、私たちは、サプライヤーおよびその他のバリューチェーンにおいても、可能な範囲および活動地域内で、本方針の内容が遵守されるように促す義務があります。そのため、私たちは同様に、当社サプライヤーの行動方針の遵守を確認する権利も留保します。このことは、例えばアンケート、査定、監査の形で行うことができます。本方針の遵守に関して疑義が生じた場合、サプライヤーは適切な対策を講じること、当社の担当窓口に経緯を報告することが要求されます。

私たちは、当社製品において、人権侵害、汚職、武装グループなどへの融資につながるおそれのある非準拠紛争鉱物の使用を回避するため、例えば適切な質問の形で必要なデューデリジェンスを行います。

10.統合とコンプライアンス

私たちは、以下の項目を適切にカバーする業務コンプライアンスシステムを実現しました。

10.1 汚職

ビジネス上の意思決定に影響を与えたり、その他の不適切な利益を供与する意図に結びつく、またはそのように見える可能性のある便宜は、当社の取引関係において、約束、提供、付与、要求、または受諾されることはなく、また当社に対してそのような便宜を約束させることもできません。特に刑事上の罰則や責任法に該当する人物(公務員など)との接し方では、特別に厳しい基準が適用されます。

10.2 公正な競争

私たちは、国内および国際的な競争法および独占禁止法に従って行動し、価格協定、市場分割または顧客カルテル、市場協定、入札談合には関与しません。

10.3 利益相反の回避

私たちは、取引関係に違法な影響を及ぼすおそれのあるあらゆる種類の利益相反を、社内外を問わず回避します。このことが個々のケースにおいて成立しない場合は、紛争を公表します。

10.4 情報と知的財産の保護

私たちは機密情報および知的財産を保護します。すなわち、技術やノウハウの移転は、知的財産権、顧客情報、企業秘密、非公開情報が保護されるように行われなければなりません。

10.5 マネーロンダリングの防止

私たちは、マネーロンダリング防止のための法的義務を遵守し、犯罪または違法に取得された資産の隠匿または統合に利用される取引には参加しません。

10.6 データ保護

私たちは、現地の法規定に従って個人データを処理、保存、保護します。データ保護に関する詳細情報および規定事項は、現地のプライバシーポリシーに記載されています。

10.7 データ安全性

私たちは、企業秘密保護に関するそれぞれ有効な法律を遵守し、それに従って当社のビジネスパートナーの機密情報を取り扱います。

11. 違反の兆候への対応

当社の管理職は特別な責任を負っています。彼らには模範となる役割があります。違反が判明した場合は、速やかに報告しなければなりません。そのために、企業方針の基本事項に対する違反を内密に報告できるようにするため、当社は、従業員およびビジネスパートナーに対し、保護された機構へのアクセスを提供しています。違反を報告するためのシステムへのアクセス方法ならびに詳細な情報はこちらをご覧ください。行動規範に対する違反は、懲戒処分を受ける可能性があります。